戸籍の取得方法

戸籍は郵送で取得することも可能です。ただ、被相続人の戸籍は誰でも取得できるわけではありません。また、災害などにより、従前の戸籍が滅失している場合もあります。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

お知らせ
2019年12月15日(日)の13:30~15:30
2020年1月19日(日)の13:30~15:30
都心綜合会計事務所(最寄駅:飯田橋)にて
相続税対策セミナー(税込2,000円)を開催致します。
テーマ:今すぐ始めるべき相続対策
~ 相続が発生してからでは遅すぎます!
お電話03-3269-2687
もしくは予約フォームより、ご予約承っております。

税理士 内田昌行

2019年11月14日_アップ動画
究極の相続税対策は存在するのか?

毎週、月・木に動画アップ


親の面倒を見るために使ったお金は、遺産に含まれる?

被相続人の本籍地の役所で戸籍を取得する

戸籍は、被相続人の本籍地の役所で取得します。

被相続人の本籍地の役所
被相続人の本籍地の役所
現在の戸籍は、被相続人の本籍地の役所で取得する

大体、戸籍係や戸籍住民課という名前で、戸籍の取得手続きの受付がされています。

被相続人の近くの役所ではなく、あくまでも本籍地の役所で取得しますので注意が必要です。

また、戸籍は被相続人の死亡後に取得します。

被相続人の死亡後に戸籍の記載内容が変わり、それを相続手続きに利用するからです。

戸籍取得に必要な資料と費用

戸籍に載っている本人が取得する場合には、本人確認書類(免許証等)が必要です。

本人が載っていない戸籍を取得する場合は、

  1. 被相続人死亡の記載のある戸籍のコピー
  2. 自分が相続人にであることが分かる戸籍のコピー
    (もしくは自分と被相続人が直系血族であることが分かる戸籍のコピー)

が必要となってきます。

戸籍の費用は、現在戸籍なら1通450円、従前の戸籍(改製原戸籍や除籍)なら1通750円となります。

戸籍を取得出来る人

戸籍は誰でも取得できるわけではありません。

取得できる人は法律で定められています。原則として、取得できる戸籍は、

  1. 自分
  2. 配偶者
  3. 自分の直系血族(親や子供)

の戸籍となります。

郵送で戸籍を取得する際に必要な書類

戸籍の取得方法として、直接役所に赴かずに、郵送で取得することも出来ます。

郵送
郵送
戸籍は郵送で取得することも可能

郵送で戸籍を取得する場合、以下の資料等が必要等となります。

  1. 定額小為替
    (現金の代わりに同封する)
  2. 取得請求用紙
    (必要事項を記載する、各役所のホームページからダウンロードも可能)
  3. 請求者宛の返信用封筒
    (切手を貼る)
  4. 請求者の本人確認書類のコピー
    (免許証などのコピー)
  5. 被相続人死亡の記載のある戸籍のコピー
  6. 自分が相続人にであることが分かる戸籍のコピー
    (もしくは自分と被相続人が直系血族であることが分かる戸籍のコピー)

ちなみに、役所で取得できる戸籍が1通とは限りません。

なので、定額小為替は多めに同封します。お釣りは通常、返却してくれます。

(定額小為替とは、現金の代わりに同封するものです。郵便で現金を送ることは出来ないので、代わりに取得手数料に相当する定額小為替を送ります。定額小為替は郵便局で購入出来ます。)

従前の戸籍を取得する

被相続人の戸籍は、死亡時の戸籍だけでは不十分です。

死亡時から遡って、従前の戸籍をとる必要があります。

基本的に従前の戸籍でも、取得方法は上記に記載した方法と変わりません。ただし、請求先は本籍地ではなく、その従前の戸籍を保管している役所となります。

注意点として、従前の戸籍は滅失していることもあり、取得できない場合があります。

滅失?そんなバカな?と思うかもしれませんが、震災などにより当時の戸籍が滅失している場合というのはあります。

滅失
滅失
災害などにより従前の戸籍が消滅

そのような場合には、除籍等の謄本を交付することができない旨の証明書を代わりに発行してもらいましょう。

戸籍の代わりの書類となります。

従前の戸籍を管理しているはずの役所が見つからない場合

市町村合併などにより、従前の戸籍を保管しているはずの役所が見つからない場合があります。

では、そこで保管していた戸籍はもうないのか?

そんなことはなく、合併した役所や行政機能を引き継いだ役所が保管しています。

昔あったはずの役所がなくなっている。

そのような場合には、行政機能を引き継いだと思われる役所などに確認しましょう。

ワンストップサービスを提供

関連ページ