相続トラブルを回避する方法

相続対策というと、一般的には「税金を安くするための対策」を指します。

しっかりと勉強している税理士であれば、相続税の節税は、お手のものです。

しかし、ある節税方法が、ある相続人にとっては望まない形になる場合、相続トラブルになるケースがあります。

今回は、そんな【相続トラブルを回避する方法】について解説しています。

相続トラブルを回避するためには、心の問題は避けて通れない

相続税対策として、まず真っ先に思い浮かぶのが、相続税を安くすること(いわゆる節税対策)だと思います。

相続税を数百万円安くできた。普通に考えれば、賢く相続出来たと思います。

でも、この相続税を節税するために、相続人の間でぎくしゃくしたり、長い間裁判で相続争いをすることになったら?(ちなみに、家庭裁判所の相続争いの件数は年1万件以上)

相続争い
相続争い
相続トラブルは発生しやすい

この場合、賢く相続出来たと言えるのでしょうか?

仮に、相続税対策として、ギリギリまで相続税を安くしない(無理な節税対策をしない)代わりに、揉めることもなく、相続人の間で円満に相続出来たら・・

確かに相続税の税金そのものは、節税対策をしていないので高いかもしれません。でも、相続人全員が納得していたら。

賢い相続というのは、何も相続税を安くすることだけではないのです。いくら節税できても、相続人間で相続トラブルが発生したら、それは賢い相続ではありません。

たとえ、相続税が高くなったとしても、相続人全員が納得し、円満に相続出来れば、それは立派な賢い相続なのです。

納得
納得
納得ずみなら、相続税の多寡はあまり関係ありません。

被相続人(亡くなった方)の方が、自分が残した財産のために、相続人の間で骨肉の争いを繰り広げられたら、どう思うでしょうか?

相続を皮切りに、兄弟間で縁が切れた。事例としては少なくありません。

自分の子供たちの縁を切らすために、被相続人(亡くなった方)の方は、財産を残したわけではありませんよね。

被相続人
被相続人
自分の財産によって、揉めてほしいと思う被相続人の方はいないのでは?

円満に相続するためにも、被相続人(亡くなった方)の方への感謝の気持ちを忘れないように注意しましょう。感謝の気持ちが、相続トラブルを防ぐ一番の予防となります。

そして、節税対策の観点から見ても、相続人全員の同意がないと出来ないことも多いので、相続人の間でうまく連携をとって、一生に1~2回ぐらいしかない相続を乗り切る必要があります。

連携
連携
円満相続・節税するためにも、相続人の連携は欠かせません。

そのためにも、財産を残してくれた被相続人(亡くなった方)への感謝の気持ちが必要となります。

相続人全員が納得し、遺恨の残らない形で相続するために、こういう風にすれば相続税を安くすることが出来るということを知りつつも、それを選択しないということも多々あります。これも立派な相続税対策です。

相続税対策として、心の問題を避けて通ることはできません。そして、心の問題を克服するためには、被相続人(亡くなった方)へ思いをはせることです。

賢く円満相続するためにも、相続トラブルを未然に防ぐためにも、ぜひ都心綜合会計事務所へ相続相談へいらしてください。

私達は会計事務所として、45年の歴史があります。ご予約お待ちしております。

税金対策はもちろん、心の対策も忘れない

突き詰めれば【相続対策は心の問題】です。

税理士法人・都心綜合会計事務所の税理士・天野敬佑が解説しています。

字幕が付いておりますので、音を出さなくてもご視聴出来ます。

相続トラブルを回避する方法

動画内容

相続対策というと、一般的には「税金を安くするための対策」を指します。

税金の専門家にかかれば、相続税を安価にする分け方を見つけることは、お手のものです。

しかし、最も相続税が安くなる相続の方法が、ある相続人にとっては望まない分け方になると、相続人の間で争いが起こることがあります。

この争いが原因で、親族がその先ずっとわだかまりを残して、付き合い続けなければいけないケースもあります。

例えば、父親が亡くなって、長女・長男が相続人となるケースを考えてみましょう。

相続財産には、生前に父が長女と暮らしていた古い家と土地、そして預金があったとします。

通常は、古い家や土地よりも現金が沢山あった方が、生活には役立つでしょう。

そのため、古い家を押し付けられて現金の取り分を減らされると、どうしても不公平感が生じてしまいます。

ところが節税対策からみると、被相続人の住んでいた土地は、生前に一緒に暮らしていた親族がそのまま引き継いで住み続けることで、その土地の評価額が80%も減額できる特例があります。

この特例を小規模宅地等の特例といいます。

これをいいことに、一緒に暮らしていなかった長男が「節税になるから」と言って、長女に欲しくもない古い家を押し付け、その分現金を多くもらう、というようなケースも考えられます。

相続税の面から見れば、確かに長女が相続する方が合理的です。

しかし、欲しくもない家の処分を押し付けられ、その分現金の取り分が少なくなったら、長女は納得がいきません。

納得のいかない相続を押し切られたことが原因で、お互いに生涯憎しみ合うこともあるのです。

そうなれば、財産を遺した被相続人の苦労も報われません。

親族とは、一生涯にわたり助け合える唯一無二の存在です。

その存在を、相続税を節税するために失うことが、本当に人生において得策でしょうか?

このような相続が正解であるはずがありません。

遺産分割協議は、親族の信頼関係を壊さないように、話し合いを進めていく必要があります。

相続の相談は、節税だけでなく、相続を親族の心の問題から解決する視点をもって、専門家に相談することが重要です。

都心綜合会計事務所は、節税対策はもちろん、心情面にも配慮して相続対策をご提案しております。