生命保険の受取人以外の相続人が保険金を受取ると贈与税が発生?

生命保険金は受取人固有の財産であり、被相続人の相続財産ではありません。その受取人の固有の財産を、他の相続人が取得するということは、受取人から他の相続人へ贈与したことになります。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

お知らせ
1月19日のセミナーは、講師インフルエンザのため中止となりました。次回は4月を予定しております。
都心綜合会計事務所(最寄駅:飯田橋)にて
相続税対策セミナー(税込2,000円)を開催致します。
テーマ:今すぐ始めるべき相続対策
~ 相続が発生してからでは遅すぎます!
お電話03-3269-2687
もしくは予約フォームより、ご予約承っております。

税理士 内田昌行

2020年1月20日_アップ動画
申告期限後3年以内の分割見込書とは

毎週、月・木に動画アップ


貸し付けられている山林の相続税評価方法

生命保険金には通常の相続財産と異なるルールがある

相続とは、亡くなった人(被相続人)から相続人に財産が移ることです。

ただ、生命保険金は、生命保険会社から受取人に、直接お金が支払われます。

亡くなった人の、遺産を相続するわけではありません。

なので、生命保険金には【通常の相続財産と異なるルール】があります。

異なるルール
異なるルール
生命保険金には通常の相続財産と異なるルールがある

生命保険金は受取人固有の財産であり、被相続人の遺産ではない

被保険者が死亡した場合、生命保険の保険金受取人は、保険会社から直接死亡保険金を受け取ります。

この死亡保険金は受取人の固有の財産であるという考えであり、被相続人の遺産を相続しているわけではありません。

相続財産ではない
相続財産ではない
死亡保険金は受取人の固有の財産で、相続財産ではありません。

あくまでも相続税の観点から、この死亡保険金を相続財産とみなして相続税の計算をしています(相続税の課税対象としています)。

このように、本来は相続財産でないものを、相続財産とみなして相続税の課税対象にするものを、みなし相続財産ともいいます。生命保険金の他には、死亡退職金などもみなし相続財産になります。

死亡保険金を遺産分割すると・・

本来相続が発生しますと、相続人は相続開始時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します。

相続人が複数いる場合は、被相続人の財産や債務は相続人間の共有となります。

その後、遺産分割協議などを経て、各相続人がその相続分に応じて権利義務などを相続します。

しかし、生命保険金は受取人固有の財産です。相続税の計算上、それを相続財産とみなして計算しているだけです。

なので、受取人固有の財産を相続人間で分割することは出来ません。(通常保険会社に、受取人以外の相続人に○○円の振込み依頼をしても、受取人にしか支払われません。)

分割できない
分割できない
受取人固有の財産を相続人間で分割することは出来ません。

もしも、遺産分割協議の結果、死亡保険金の受取人から他の相続人へ、死亡保険金の一部でも振り込んだ場合は、その振り込んだ金額は相手への贈与となります。

ただし、以下の3つの条件を満たせば、贈与税は課税されません。

  1. 保険金受取人以外の者が、現実に保険金を取得している
  2. 保険金受取人の変更手続きが、やむを得ない事情により出来なかったと認められる場合
  3. 現実に保険金を取得した者が、その保険金を取得することについて相当な理由があると認められる場合

生命保険の受取人が指定されていない場合

以下のような場合、生命保険金の受取人が指定されていません。

  • 受取人を相続人としている
  • 保険金の受取人が死亡した後、受取人の変更手続きをしていない

受取人が相続人になっている場合

生命保険金の受取人が相続人と指定されている場合には、各相続人が「法定相続分に応じて」生命保険金を受取ります。

法定相続分
法定相続分
各相続人が法定相続分に応じて生命保険金を受取ります。

ただし生命保険の約款などで、平等に均等に配分する旨などが規定されている場合には、約款の規定に従います。なので、この場合は法定相続分でなく、相続人の数で割った金額を平等に受け取ります。

受取人が既に死亡し、その後に受取人の変更手続きをしていない場合

既に死亡している受取人の法定相続人が、法定相続分の割合ではなく、平等に生命保険金(法定相続人の数で割った金額)を受取ります。

均等
均等
保険金を法定相続分の割合でなく、均等に受け取ります。

法定相続分の割合を使わない理由としては、「受取人として法定相続人を使うだけ」であり、先に死亡した受取人の権利を相続するわけではない、という考え方があるからです。