もめる相続を防ぐには

相続財産でもめた時には、相続財産を数字(財産評価額)的側面ではなく、あたなの想いや被相続人の想いで捉えなおしてみましょう。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

遺族の心や想いの部分を尊重して遺産を分ける

相続する権利は、全ての相続人にあります。

その権利は大切にするべきです。

しかし、金銭を得ることだけを目的にその権利を行使すると、金銭的な価値に差がつくことが、すなわち【不公平】だという考えに至ってしまいます。

これが、争いのもとになります。

相続でもめるのは数字(財産評価額)しか見ていないから

相続でもめる原因には様々なものがあります。今回は相続財産という側面から、もめる原因を見てみましょう。

財産を相続する時に、その財産を数字的側面、いわゆる財産評価額だけで見た場合、相続はもめやすくなります。

もめる
もめる
財産評価額だけで相続財産を見た場合、相続はもめやすくなります。

その代わり、相続財産を被相続人(亡くなった方)の想いや、あなた(相続人)の想いで捉えなおした時、相続はあまりもめません。

相続財産を想いの側面から見る。どいうことでしょうか?

例えば、被相続人を父、相続人はあなたと他の兄弟2名とします。

父とあなたは車が好き。他の兄弟2名は車にはまったく興味がなかった、とします。

車

父とあなたは車が好き

父が生前によく乗っていた車にもあなたは乗っていた。初めて車を乗ったのが、その父の車でもあった。

そのうち、自身でも車を購入したが、昔から乗っていて愛着もあったことから、たまに父の車に乗ったり、掃除などもしていた。

そんなある日、突然父が他界した。
そして、遺産分割協議をすることに・・。

中古の車で価値はまったくなさそう。でも、あなたはこの車を相続したい。

父や自身の想い入れがある車。これは私が相続したいし相続するべきもの。父の形見にこの車は私が相続する。

あなたはきっとそう思うでしょうし、この時点で他の兄弟も反対しないでしょう。

でも、以下のような場合になったら、どうでしょうか?

相続の申告作業の過程で、税理士さんが車を査定したところ、たまたまその車が中古として「ものすごい価値がある」ことが判明。

なんと、その車を売りに出したら、数千万円もすることに・・。他に財産と呼べるような相続財産はない。

この状況で、他の兄弟は果たして何も言ってこないでしょうか?

それは分かりません。

長年、相続業務に携わっていますが、人間の心は分かりません。

心

人間の心は分かりません。

他の兄弟の方も、その車を欲しいということになるかもしれませんし、ならないかもしれません。

ただ一つ言えるのは、

  • 相続財産を想いの側面から見るのか?
  • 数字(財産評価額)の側面から見るのか?

で、答えの傾向は分かります。

もうお分かりだと思いますが、他の兄弟も、相続財産を想いという側面から見れば、あなたが車を相続することに反対する確率は減ります。

逆に、相続財産を数字(財産評価額)という側面から見れば、あなたが車を相続することに反対する確率は高まります。

そして、どちらが良くて、悪いかという話しではありません。人間であれば、お金をたくさん欲しいと思うのは当たり前です。

お金が欲しい
お金が欲しい
お金を欲しいと思うのは当たり前で、それを恥ずかしがることはありません。

ただ、もめる相続になりにくいのは、相続財産を想いという側面から見た場合です。もしも、

  • 遺産分割がまとまらない
  • 他の相続人の顔も見たくない

などの相続トラブルが発生した場合には、相続財産を想いという側面から見てみるのもいいかもしれません。