遺産分割で相続分をゼロにする実質的な財産の相続放棄は可能

相続放棄の手続きをし忘れた。もしくは、相続放棄の手続きの期限が過ぎてしまった。そんな時は、相続分が無いことの証明書を作成する、もしくは遺産分割で相続分をゼロにして、相続財産の放棄をすることは可能です。ただし、相続人は変わりません。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

相続放棄以外で相続財産を受け取らない方法

相続放棄以外で、相続財産を受け取らない方法はあります。

受け取らない
受け取らない
相続放棄以外にも、相続財産を受け取らない方法はある

具体的には、遺産分割で相続分をゼロにするか、相続分が無いことの証明書を作成する、という方法で行います。

ただし、あくまでもプラスの遺産に限った話であり、借金は話が別です。

相続放棄の手続きをしてなくてもプラスの財産の放棄は可能

相続放棄の手続きには、相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内という期限があります。

相続放棄の手続きについては、相続放棄の手続きに詳しく記載しています。

この相続放棄の手続きをし忘れたり、期限を過ぎてしまった場合には、原則相続放棄は出来ません。

ただし、以下の2つの方法で、実質的な財産の相続放棄をすることは可能です。

  1. 遺産分割で相続分をゼロにする
  2. 相続分が無いことの証明書(相続分皆無証明書)を作成する

相続税対策や相続手続きを進めていく中で、相続放棄の手続きの期限が過ぎてから、遺産相続をしたくないと考えるようになった。

このような事例は少なくありません。

遺産分割で相続分をゼロにする

相続人には法定相続分や遺留分などの、相続分についての規定があります。

ただ、遺言書があっても相続人全員の同意があれば、遺言書通りに遺産相続する必要はありません。

また、遺産分割において、相続人全員の同意があれば、法定相続分や遺留分などが考慮されていない【遺産分割も有効】です。

相続放棄してないけれども、遺産分割で相続分ゼロとすれば、実質的には財産の相続放棄と同じです。

相続分ゼロ
相続分ゼロ
相続分ゼロとすれば実質的には財産の相続放棄と同じ

ただし、注意点としては、遺産分割で相続分をゼロにしても、相続人は変わりません。

相続放棄の手続きをすると、相続人が変わりますが、あくまでも「財産の放棄だけ」ということになります。

相続分が無いことの証明書を作成する

「相続分が無いことの証明書」によっても、実質的な財産の相続放棄をすることは可能です。

これは特別受益などを受けていた場合、「ある特定の相続財産」については相続分がないので、他の相続人にその財産の遺産相続を認めるという証明書です。

何の遺産相続を受けていなくても、この証明書の作成は可能です。

ただし、この証明書によって、遺産相続を他の相続人に譲れますが、譲れる相手は同一順位の相続人間だけです。

ちなみに、相続分が無いことの証明書の作成には印鑑証明書が必要となります。

印鑑証明書
印鑑証明書
相続分が無いことの証明書の作成には印鑑証明書が必要

ちなみに、遺産分割で相続分をゼロにするとの同じで、相続分が無いことの証明書を作成しても、相続人は変わりません。

あくまでも、相続分が無いことの証明書に記載した、ある特定の財産を放棄するということです。

借金は話が別

亡くなった方に「借金がある場合」は注意が必要です。

というのも、遺産分割で相続分をゼロにしたり、証明書を作成したりしても、その人が相続人であることに変わりはありません。

今回、ご紹介した方法は【プラスの財産に対する相続分の話】です。

プラスの財産
プラスの財産
今回の方法は、プラスの財産に限った話です。

もしマイナスの相続財産がある場合、今回の方法で遺産を受け取っていなくても、借金の相手から返済請求を受ける可能性があります。

借金などマイナスの財産があるときに、遺産は要らないと、安易に判断しないように注意しましょう。