法定相続分

民法において、各相続人がどれだけの割合で財産を相続するのか?ということが定められています。必ずしも、この通りに財産を相続する必要はありませんが、相続税の計算に使われるなど、何かと法定相続分は相続に関係してきます。なので、法定相続分は把握しておきましょう。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

お知らせ
2019年12月15日(日)の13:30~15:30
2020年1月19日(日)の13:30~15:30
都心綜合会計事務所(最寄駅:飯田橋)にて
相続税対策セミナー(税込2,000円)を開催致します。
テーマ:今すぐ始めるべき相続対策
~ 相続が発生してからでは遅すぎます!
お電話03-3269-2687
もしくは予約フォームより、ご予約承っております。

税理士 内田昌行

2019年11月14日_アップ動画
究極の相続税対策は存在するのか?

毎週、月・木に動画アップ


親の面倒を見るために使ったお金は、遺産に含まれる?

法定相続分の割合や計算方法は知っておこう

法定相続分とは、民法において定められている、各相続人がどれだけの割合で財産を相続するのか?という、その割合のことを言います。

相続人が一人しかいない場合は、全ての財産(及び借金などの債務)をその人一人で相続することになるので、問題はありません。

ただ、複数人にいたら?長男に全て相続させるとなったら?色々な問題が発生します。

そこで、相続人間で争いが起きないようにするため、民法で各相続人の相続財産の取り分がルールで定められています。

ルール
ルール
民法で各相続人の相続財産の取り分が定められています。

ただし、このルール通りに必ずしも、財産を分割しないといけないわけではありません。

では、法定相続分は意味がないのか?実は意味はちゃんとあります。

例えば遺言によって、長男に全ての財産を相続させることや、法定相続人以外の愛人に全ての財産を相続させることは可能です。

ただ、それではあんまりではないか?私たちも相続財産を欲しい!というような時に、遺留分の減殺請求という制度があり、その制度は法定相続分を基準に計算されます。

また、相続税の計算において、正味の遺産額から基礎控除を除いた後、相続人間で遺産分割の合意があろうがなかろうが、いったん「法定相続分とおりに相続したもの」とみなして、「相続税の総額」を算出します。

その上で、実際に相続した財産で相続税額を按分していくような形となります。

なので、長男に全て相続させることで、遺産分割が合意している。だから、法定相続分なんて家(うち)には関係ないよ!

そんなことはありません。相続税の計算できっちり関係してきます。そういった意味でも法定相続分を知っておくことは無駄にはなりません。

法定相続分
法定相続分
法定相続分は何かと相続に絡んできます。把握しておきましょう。

ちなみに、同じ長男に全財産を相続させる場合でも、法定相続人がたくさんいるほうが相続税は安くなります。相続税の計算方法についての詳しい内容は、相続税計算方法に記載しています。

では、いくつかの事例を見てみましょう。(なお、代襲相続人については考慮していません。代襲相続人についての詳しい内容は、代襲相続制度で相続人?に記載しています。)

配偶者がいる場合の法定相続分

配偶者が存在する場合の法定相続分は以下の通りとなります。

配偶者が存在する場合の法定相続分
配偶者が存在する場合の法定相続分

そして、子、直系尊属、兄弟姉妹が複数人いる時は、その頭数で取り分を割る(÷)形となります。(配偶者が複数いる場合は?ここは日本です。それはありえないですよね。)

例1.配偶者と子供2人の場合

  1. 配偶者が1/2
  2. 子供2人で1/2(なので、子供1人あたりでは1/4)

例2.配偶者とおばあちゃんの場合(子供はいない)

  1. 配偶者が2/3
  2. おばあちゃんが1/3

例3.配偶者と他姉妹2人の場合(子供はいない、おじいちゃん、おばあちゃんもいない)

  1. 配偶者が3/4
  2. 姉妹2人で1/4(なので、姉妹一人あたりでは1/8)

例4.配偶者のみ(子供、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟姉妹もいない)

  1. 配偶者が全部

ちなみに法定相続人が配偶者のみの場合は、相続財産がいくらであろうとも(たとえ1000億あろうとも)、無税となります。詳しくは、配偶者で相続税対策に記載しています。

配偶者がいない場合の法定相続分

配偶者が存在しない場合は、その他の相続人で分けることになります。

例1.子供がいる場合

子供の人数分で割(÷)ります。

例2.おじいちゃん・おばあちゃんがいる場合(子供がいない)

おじいちゃんが1/2、おばあちゃんが1/2

例3.兄弟姉妹がいる場合(子供、おじいちゃん・おばあちゃんがいない場合)

兄弟姉妹の人数分で割(÷)ります。異母(異父)兄弟姉妹がいる場合は、その場合は、全血兄弟姉妹の1/2です。詳しくは、隠し子は相続人になれる?に記載しています。

例4.子供・おじいちゃん・おばあちゃん・兄弟姉妹がいる場合

子供の人数分で割(÷)ります。

あれ、例4はなんで子供だけなの?という方は、法定相続人になれる人、もしくはあなたは相続できる人?を閲覧頂ければと思います。

なお、法定相続人が一人もいない場合は、被相続人(亡くなった方)の遺産は、特別の場合を除き、国庫にいくことになります。

相続税対策のためにも、自身に相続が発生した場合に備えて(自身が被相続人、相続人のどちらかになる場合に備えて)、法定相続分はどうなるかを把握しておきましょう。

法定相続分を把握するためには、まずは法定相続人を知る必要があります。

国税庁のホームページ(相続人の範囲と法定相続分)にも記載がありますので、まずは確認をしましょう。

相続税対策・相続相談・相続手続き・相続申告、承っております。東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所までご連絡下さい。(なお、お電話での相続相談は承っておりません。)

ワンストップサービスを提供

関連ページ