特別受益の持ち戻し免除の意思表示

特別受益の持ち戻し免除の意思表示とは、被相続人(故人)が遺言や生前に、特別受益の持ち戻しをしない、という意思表示をしれば、持ち戻しをしなくてよいとするものです。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

相続で【特別受益を無視】させる方法

被相続人(故人)が遺言や生前に、「特別受益の持ち戻しをしない」という意思表示をすれば、相続の際に特別受益を無視して、遺産分割することが可能になります。

特別受益として持ち戻さなくてもよい方法

特別受益とは、法定相続人の間で公平を図るため、生前贈与や遺贈などで特別にある特定の法定相続人だけ財産を優遇されていた場合、その優遇されていた財産を相続財産に戻し、相続人間で平等に相続させようとするものです。

しかし、この特別受益にあたると考えられる場合でも、持ち戻しをしなくてもよい方法があります。

持ち戻し
持ち戻し
持ち戻しをしなくてもよい方法があります。

それは、特別受益の持ち戻し免除の意思表示というものです。

特別受益の持ち戻し免除の意思表示とは、被相続人(故人)が遺言や生前に、特別受益の持ち戻しをしない、という意思表示をしれば、持ち戻しをしなくてよいとするものです。

意思表示
意思表示
特別受益の持ち戻しをしない、という意思表示をしれば、持ち戻しをしなくてもよくなります。

特別受益の持ち戻し免除の意思表示は、財産をあげる側がするものです。

もらう側ではありません。

この特別受益の持ち戻し免除の意思表示は、どういう時に使うのか?

例えば被相続人のある特定の人に対する贈与が、遺産の前渡しとしてではなく、特別にその人にあげたもの、という場合があります。

そのような場合に、特別受益の持ち戻し免除の意思表示をすれば、「持ち戻しをしなくてもよい」ことになります。

特別受益の持ち戻し免除の意思表示の方法

持ち戻しの免除の意思表示の方法は、決まった方式はありません。

口頭だけでも形式上は問題ありません。

贈与の場合であれば、贈与と同時ではなく、後から意思表示することでも可能です。

ただ、言った・言わない、との争いになりやすいので、書面などで形に残るようにしておきましょう。

書面
書面
意思表示は書面などで形に残るようにしておきましょう。

一般的には遺言に、特別受益の持ち戻しの免除について、記載する方法がとられています。

遺言に「持ち戻しは必要ない」と記載するということです。

例えば、遺言書に「Aにした生前贈与による特別受益の持ち戻しについては、全て免除する。よって、遺産分割で問題にしないこと」と記載されていたとします。

この場合、他の相続人はそれに従う必要が出てきます。

他の相続人が、「Aには特別受益があるから遺産相続財産を減らすべきだ」と主張できなくなるということです。

主張
主張
主張できなくなります。

ただ、この特別受益の持ち戻し免除は相続争いに発展しやすくなりますので、後の相続人間のことも考えて、慎重に検討しましょう。