遺言書の代わりや財産管理に役立つ家族信託とはそもそも何?

家族信託は受託者が家族であり、財産の管理などが目的の信託です。そして家族信託は、認知症になった際の財産の管理に役立つのはもちろん、遺言書の代わりにもなります。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

お知らせ
2020年4月19日(日)の13:30~15:30

都心綜合会計事務所(最寄駅:飯田橋)にて
相続税対策セミナー(税込2,000円)を開催致します。
テーマ:今すぐ始めるべき相続対策
~ 相続が発生してからでは遅すぎます!
お電話03-3269-2687
もしくは予約フォームより、ご予約承っております。

税理士 内田昌行

2020年2月20日_アップ動画
贈与税の延納

毎週、月・木に動画アップ


ストツクオプションの相続税評価方法

家族信託とは簡単に言えば【家庭内の決めごと】

家族信託とは、あくまで家族同士で財産管理を行いやすくするためもの、言い換えれば「家庭内の決めごと」です。

家庭内の決めごと
家庭内の決めごと
簡単に言えば、家族信託とは家庭内の決めごと

リスクがあるとか高度な法律の知識がないと使えないとか、そういったものではありません。

今回は、そんな家族信託について、解説しています。

家族信託とは

通常、信託というと信託銀行を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

何か信託というと遠い存在というか、よく分からないもの。

確かに以前は、信託業の免許を持った会社に、信託するのが普通でした。

信託
信託
以前は信託業の免許を持った会社に信託するのが普通でした。

しかし、今では営利目的でなければ、個人への財産信託も一般的になりつつあります。

信託銀行などの会社へ財産を信託し、営利を追求するのを一般的に「商事信託」といいます。

営利目的でない信託を、一般的に「民事信託」といいます。

そして、民事信託の中で、家族に信託することを家族信託といいます。

信託と一口にいっても、

  • 商事信託
  • 民事信託
  • 家族信託
  • 投資信託
  • 教育資金贈与信託

など様々ものがあります。

家族信託は民事信託で、家族に信託するものを指します。

家族信託という信託の言葉でのイメージで、信託銀行や投信信託を連想される方もいらっしゃいますが、それらとは関係ありません。

そもそも信託って何?

家族信託が民事信託の一部を指すことは分かった。

でも、そもそも信託って何?と思われる方が多数かもしれません。

信託は「委託者・受託者・受益者」の関係で成り立ちます。

  • 委託者:財産(金銭資産や不動産など)を託す人
  • 受託者:財産を管理・運用・処分する人
  • 受益者:財産の運用益などを得る人

最大のポイントは、信託を行うと、財産の名義などは受託者になりますが、実質的な所有は受益者になります。

もともと信託をするということは、委託者が何かしらの理由で受託者に財産の管理をさせたいということです。

それなのに委託者の名義のままだと、受託者が財産を管理できません。

なので、名義などは受託者になります。

そして、

  • 財産の運用益が目的なのか?
  • 相続税対策が目的なのか?
  • 財産管理が目的なのか?

などで、受託者を誰にするかを決めていきます。

例えば信託銀行などへ信託し、財産の運用益を目的とする商事信託は以下のようになります。

商事信託の仕組み
商事信託の仕組み
商事信託は財産の運用益などの営利が目的

そして、家族信託は以下の関係図で成り立ちます。

家族信託の仕組み
家族信託の仕組み
家族信託は受託者が家族であり、財産の管理などが目的

家族信託は【受託者が家族】となります。

受託者は信託契約で定められた権限の範囲で、委託された財産の管理・運用・処分を行います。

信託とはこの関係を利用することをいい、家族信託は、この関係が家族だけで成り立っていることを指します。

そして家族信託は運用益が目的ではなく、将来の認知症などで判断能力が低下した場合などに備えて、「事前に財産の管理・運用を託す」、「遺言書の代わりに利用する」

この点が信託銀行などの、報酬目的である商事信託とは異なってきます。

家族信託の3つの方法

家族信託の方法としては、

  1. 信託契約
  2. 遺言信託
  3. 自己信託

の3つの方法があります。

信託契約

信託契約は、財産を託す人(委託者)と託される人(受託者)が契約により信託を行う方法です。

契約なので、「いつでも信託を始めることが可能」です。

遺言信託

遺言信託は、遺言によって信託を設定することです。

遺言信託は委託者、すなわち「遺言者の死亡と同時に信託の効力が発揮」します。

また、信託契約とは異なり、遺言は単独契約です。

なので、遺言者の死後における受託者の同意・承諾が原則として必要です。

そして受託者が決定したら、遺言執行者は委託者の相続人に代わって、受託者に信託財産の移転などを行います。

自己信託

自己信託は、委託者自身が受託者となり、受益者のために財産を管理する信託方法です。

委託者=受託者、となることを自己信託といいます。

この自己信託は委託者と受託者が同一人物であるため、信託契約を結ぶことが出来ません。

なので、自己信託をする場合は、

  • 公証人の認証を受ける
  • 受益者に確定日付のある証書で通知する

といった方法となります。

これらを信託宣言と言います。

自己信託は信託宣言で行います。

遺言書よりも柔軟な家族信託

遺言書の場合、「二次相続の際の相続を指定」することは出来ません。

ところが、家族信託の場合は可能です。

遺言書では自分が亡くなった後に○○に財産を相続させる。

これは出来ます。

でも、その○○が亡くなった後に、次は財産を△△に相続させる。といったことは出来ません。

これが【家族信託であれば出来る】のです。

長男の嫁とは折り合いが悪い。

将来、長男の嫁に財産が行くのが嫌だ。

このような場合に家族信託を使えば、長男の嫁ではなく、次は次男へ財産を相続させるといったことが可能になります。

家族信託は認知症になった際の、財産の管理に役立つのはもちろん、このような遺言書の代わりになります。

遺言書
遺言書
家族信託は遺言書の代わりになります。

ある意味、遺言書よりも柔軟に財産を相続させることが可能です。

そういった点からも、家族信託が今後相続の主流になる可能性が高く、従来の相続税対策(借金をする・不動産を購入する・生前贈与する)はもちろん、家族信託も検討する時代となっています。

信託の変更は可能

一度決まった信託でも、委託者・受託者・受益者の3者の合意があれば、後から変更は出来ます。

また、あらかじめ信託契約などで、3者の合意がなくても変更できるように規定しておけば、3者の合意がなくとも変更は可能です。