遺言書の【書き換え】を防ぐ方法

家族信託で遺言書の書き換えを「実質的に防ぐ」ことが可能です。

遺言書の書き換えを家族信託で防ぐ

親族同士が納得の上で、父が遺言書を書いた。

でも、もしかしたら父が遺言書を書き換えるのでは?

遺言はいつでも・何回でも取消しや撤回が可能に詳しく記載していますが、遺言書はいつでも何回でも、「遺言者の意思で書き換える」ことが出来ます。

遺言書の書き換え
遺言書の書き換え
遺言書はいつでも何度でも書き換えが可能

相続で揉めないように親族間で話し合い、皆が納得の上で遺言書を書いてもらったのに、その後に遺言書を書き換えられてしまったら、何の意味もありません。

かといって、遺言書を書き換えるのを禁止する、といったことは出来ません。

そうなると、相続が実際に発生する前に、100%相続の内容を確定することは出来ない?
とお考えになるかもしれません。

しかし、家族信託を使えば、
実質的に遺言書を内容を確定させる(=遺言書の内容の変更を防ぐ)
といったことが可能です。

防ぐ方法

遺言書の書き換え(正確には相続内容の変更)を防ぐ方法は、まず信託契約で受益権の相続(相続が発生した場合、誰が受益権を相続するか)について記載します。

こうすれば【遺言書で財産の相続を決めるのと同じ効果】を発揮することが出来ます。

受益権?という方は、そもそも信託って何?をご参照下さい。

そして、その受益権の相続についての内容を変更するには、親族全員の同意が必要と定めます。

こうすれば遺言者の意思だけで、自由に相続の内容を変更することが出来ません。

ちなみに同じ財産に対して、家族信託・遺言書の両方で記載がある場合、家族信託の方が優先されます。
(詳しくは家族信託すれば遺言書は不要?両方している場合どちらが優先?に記載しています。)

もしも遺言書を書き換えられる、もしくは書き換えてしまうのではないかと不安に感じる場合には、家族信託を利用して、実質的に相続の内容を確定させてしまう、という方法も検討してみましょう。