親の再婚や離婚で【想定外の相続】の可能性も

離婚や再婚を繰り返した親の子供は、想定していない相続に直面する可能性があります。

父親が2回変わった場合の相続

相続の業界では、後妻業という言葉が有名です。

これは配偶者は必ず相続人になる、という仕組みを利用して、財産目当てで、妻に先立たれた資産家の妻になることをいいます。

詳しくは、後妻業への対応は一番の相続税対策?に記載しています。

では、視点を変えて、離婚や再婚を繰り返した親の子供は、相続の際どうなるのか?

例えば、父親が2回変わった場合(母親が2回離婚・2回再婚した場合)、その離婚相手や再婚相手が死亡した場合、子供は相続人になれるのか?

ここでは

  • 母親(生みの親)をA
  • 初婚の夫をB
  • 1回目の再婚相手をC
  • 2回目の再婚相手をD

として、考えてみましょう。

離婚や再婚を繰り返した親の子供は誰の相続人になる?
離婚や再婚を繰り返した親の子供は誰の相続人になる?
相続を何回もする?

初婚の夫Bが亡くなった場合

まず、Bの実子であるので、相続人となります。

もしも、産後に婚姻届を出す場合で、Bが子供を認知してくれない場合は?
と疑問を持つ方がいらっしゃるかもしれませんが、【強制認知】というものがあり、まず実子であれば、認知を避けることは出来ません。

なので、初婚の夫(実の親)が被相続人になった場合は、まず相続人になります。

1回目の再婚相手の夫Cが亡くなった場合

この場合、Cが子供を【養子縁組】していなければ、相続人にはなれません。

養子縁組していれば、相続人となります。

2回目の再婚相手の夫Dが亡くなった場合

こちらも、Cの場合と同様です。

養子縁組の有無で、相続人になる・ならない、が決まります。

ただし、Dが亡くなった場合、妻であるAは相続人になります。

そして、その妻Aが亡くなった場合、その子供は相続人となります。

なので、【D ⇒ A ⇒ 子供】と遺産が相続されます。

想定していない相続が発生することも

後妻業だけに目が奪われがちですが、相続の際、親の再婚や離婚は、子供にも影響が出てくる可能性があります。

幼い頃に離婚したため、実親(この場合B)の記憶がまったくない。

実の父親をCと思っており、相続税が発生するような遺産もない。

相続の問題なんて、裕福な家庭だけの話で私には関係ない。

そんな風に漠然と思っていた中、Bが亡くなり、思わぬ相続をすることに・・

しかし、プラスの財産の相続ならまだしも、Bは借金などの負債の方が多かった。

  • 遺産分割?
  • 相続放棄?
  • 限定承認?

聞きなれない単語のオンパレード。

なんで資産家の子供でもない私が、相続に悩まないといけないのか・・

このように全く想定していない相続が問題になるケースもあります。

えっ!私が〇〇さんの相続人になるの?

このようなことが起きないように、生前に子供に、たとえ言いづらかったとしても、【あなたは〇〇さんの相続人になる】と伝えておくのが賢明と言えます。