被相続人が保有していた単元未満株の確認方法

最低売買単位である1単元に満たない単元未満株は、相続財産として計上モレが起きやすい財産です。適正な相続税申告のためにも、必ず確認しましょう。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

残高証明書では確認できない単元未満株

単元未満株とは、単元株といって、株式の発行会社が定めた売買単位に満たない端株のことをいいます。

たとえば、単元株100株とする会社の株式は100株単位で売買することになりますが、これに対し、10株しか保有していなければ、それは単元未満株ということになります。

なぜこのような株式が存在するかというと、

  • 株式分割
  • 会社の合併
  • 会社が単元株の基準を変更した場合

などが原因です。

今回は、そんな単元未満株の確認方法について、解説しています。

単元未満株は特別口座で管理されている

実は上場株式には、単元未満株というものがあります。

単元未満株とは、最低売買単位である1単元(10株、100株、1,000株など)に満たない株式のことです。

被相続人保有の上場株式は、証券会社の残高証明書で確認をすることが出来ますが、この単元未満株は残高証明書では確認出来ません。

確認できない
確認できない
単元未満株は残高証明書だけでは確認出来ません。

単元未満株は証券会社の口座ではなく、信託銀行が管理する特別口座で管理されているためです。

なので、被相続人の上場株式として、株主名簿管理人である信託銀行に対して、単元未満株の有無を確認する必要があります。

ちなみに、タンス株(電子化されなかった株式)も特別口座で管理されています。

単元未満株の確認方法

特別口座で管理されている銘柄が1つでもあると、配当金の受取方法として、株式数比例配分方式を適用することが出来ません。

なので、配当金の受取方法で株式数比例配分方式を適用しているということは、単元未満株が存在しないことを意味します。

よって、単元未満株がないことを確認することが出来ます。

ちなみに、株式数比例配分方式を選択しているかの確認は、株主名簿管理人である信託銀行や、取引先の証券会社で確認出来ます。

配当金の受取方法として、証券会社の取引口座で受取る場合

以下の手順で確認します。

  1. 株主名簿管理人の確認
  2. 証券代行部へ照会

被相続人保有の上場会社の株主名簿管理人を確認(会社四季報などで確認)し、該当する信託銀行の証券代行部に、被相続人の相続開始日における特別口座の残高を確認したい旨を電話で伝え、確認手続きを開始することが出来ます。

電話確認
電話確認
該当する信託銀行の証券代行部に、電話をして確認手続きを開始することが出来ます。

(なお、会社四季報で、頭に匿|と記載されているものが株主名簿管理人となります。)

単元未満株は、最低売買単位である1単元に満たない株式ということもあり、相続税対策にはほとんど影響がありません。

ただし、適切な相続税の申告をするためには、確認をしなければなりません。

また、相続財産として計上もれが起きやすい財産でもあります。注意しましょう。