路線価がない場合は必ず特定路線価で評価しないといけない?

特定路線価が付与された場合、必ず特定路線価で評価しなければいけません。なので、特定路線価の申請は、慎重に行う必要があります。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

お知らせ
2019年10月27日(日)の13:30~15:30
2019年11月10日(日)の13:30~15:30
都心綜合会計事務所(最寄駅:飯田橋)にて
相続税対策セミナー(税込2,000円)を開催致します。
テーマ:今すぐ始めるべき相続対策
~ 相続が発生してからでは遅すぎます!
お電話03-3269-2687
もしくは予約フォームより、ご予約承っております。

税理士 内田昌行

2019年9月20日_アップ動画
相続人が未成年者や障害者である場合、相続税が安くなる

毎週、月・水・金に動画アップ


相続で空き家が発生する原因

2019年9月18日_アップ

相続で空き家が発生する原因

特定路線価とは

土地を相続した。土地を贈与した。もしくは贈与された。

このような場合、相続税や贈与税を申告するために、その土地が【いくら】なのかを計算する必要があります。

いわゆる土地の財産評価です。

通常、土地を財産評価する場合、路線価というものを使用するのが一般的です。

しかし、土地によっては、路線価が付されていないケースがあります。

そうなると、路線価で土地の財産評価が出来なくなります。

そこで、国税庁に届け出をして、路線価を付けてもらう、という方法があります。

手続きの詳しい内容は、国税庁ホームページの[手続名]特定路線価設定申出書に記載されています。

この手続きをして、付与された路線価を【特定路線価】と言います。

特定路線価
特定路線価
国税庁に手続きをして、付与してもらう路線価のこと

特定路線価を必ずしも使う必要はない

路線価が付いていないからといって、国税庁に手続きをして、【必ず特定路線価にて評価をしないといけない】わけではありません。

特定路線価を使わない方法として、

  • 不整形地で評価する方法
  • 路線価が付されている道路を起点として無道路地に準ずる方法

などがあります。

一般的に特定路線価を使用しない場合には、評価対象の土地に最も近い路線価を使用して、

  1. 崖地補正率
  2. 奥行価格補正率
  3. 間口狭小補正率
  4. 奥行長大補正率
  5. 不整形地補正率

などの補正率を適用し評価します。

でも、計算が面倒くさそうだから、とりあえず特定路線価を使いたい。

こう思われる方も、いらっしゃるかもしれません。

しかし、特定路線価の使用には細心の注意が必要です。

それは、特定路線価が付与された場合、【絶対に特定路線価で評価しなければいけない】という点です。

上述の●●補正率を用いたら、土地の評価額は3,000万円だった。

特定路線価で評価すると、4,000万円になる。

この場合、相続や贈与の申告で、その土地は4,000万円として申告しなければいけません。

なので、特定路線価で土地を評価する場合には

  1. まずは特定路線価を使用しない形で評価する
  2. 1の評価額が特定路線価を使用した場合よりも高そう
  3. 特定路線価を申請する

という流れをお勧めします。

特定路線価がいくらになるかは、実際に国税庁に付与されるまで分かりません。

そして、付与されたら、必ずその路線価で評価することになります。

そうなると●●補正率が使えなくなり、評価額が高くなるケースがあります。

逆に、特定路線価が思ったよりも低く、評価額が低くなるケースもあります。

路線価が付与されていない土地を評価する際には、これらのことに注意しましょう。

ワンストップサービスを提供

関連ページ