秘密証書遺言の作成方法やメリット・デメリット

秘密証書遺言は遺言内容を秘密にする遺言書です。ただ、公正証書遺言で作成しても、公証人や証人には守秘義務がありますので、同じように遺言内容を秘密に出来ます。そういった点から、秘密証書遺言はあまり使われていません。

無料相続相談のご予約
03-3269-2687
にて受付中

相続税対策・申告なら東京新宿神楽坂の都心綜合会計事務所にお任せ下さい

秘密証書遺言は「自筆証書」と「公正証書」の中間のようなもの

秘密証書遺言は、自分で作る自筆証書遺言と、公証人と一緒に作る公正証書遺言の「中間のようなもの」です。

折衷
折衷
秘密証書遺言は自筆証書遺言と公正証書遺言の折衷案みたいなもの

今回は、そんな「秘密証書遺言の作成方法やメリット・デメリット」について、解説しています。

秘密証書遺言の作成方法

まず、遺言そのものは自筆証書遺言と同じで、自身で作成します。

自筆証書遺言と違うのは、自筆の必要はありません。

パソコンやワープロなどで作成しても問題ありません。

また、代筆での作成も可能です。

ただし、訂正方法は完全に自筆証書遺言の訂正方法と同じです。
(自筆証書遺言の訂正方法の詳しい内容は、自筆証書遺言の修正の仕方に記載しています。)

そして、署名は自筆する必要があります。

また、押印も必要です。

作成した遺言書を封筒に入れ、遺言書に押したものと同じ印を押して封印します。

ちなみに、自筆証書遺言は封筒に入れなくても問題ありませんが、秘密証書遺言の場合は、必ず封筒に入れる必要があります。

秘密証書遺言
秘密証書遺言
秘密証書遺言は必ず封筒に入れる必要があります。

遺言者はこの封筒を公証役場に持っていき、二人以上の証人の立会のもとで公証人に提出します。

そして、封筒の中身が自分の遺言書であることと、住所と氏名を申述します。

公証人がその封筒を提出した日付と遺言者の申述をその封筒に記載し、また、遺言者と証人二人以上が署名押印します。

これで秘密証書遺言の出来上がりです。
(注意点としては、公証人は遺言書の内容を見ません。そのため、【秘密証書遺言=有効な遺言】とは限りません。)

公証人が封に日付を記載することから、自筆証書遺言では遺言の要件であった、日付の記載をする必要はありません。

また、証人には遺言の内容を知られることなく、ただ、「遺言書が存在する」ということを証明できます。

このように、秘密証書遺言は自筆証書遺言と公正証書遺言を、足して2で割ったようなものです。

ちなみに、何かしらの理由で秘密証書としての要件に欠け、秘密証書遺言として無効であっても、封の中の遺言が自筆証書遺言として有効であれば、その遺言は有効となります。

秘密証書遺言のメリット・デメリット

秘密証書遺言の最大の特徴は、名前の通り、全ての人に遺言の内容を秘密にすることが出来ることです。

まとめますと、秘密証書遺言のメリットは、

  • 遺言書の存在の証明
  • 遺言書の内容を秘密にできる

といった点で、デメリットは、

  • 手間や費用がかかる
  • 遺言書の有効性の証明にはならない
  • 自筆証書遺言と同じで、家庭裁判所での検認が必要

といった点です。

自筆証書遺言や公正証書遺言に比べて、この秘密証書遺言は一般的にあまり使われていません。

そもそも公正証書遺言で作成しても、公証人や証人には「守秘義務」がありますので、同じように遺言内容を秘密に出来ます。

守秘義務
守秘義務
公証人や証人には守秘義務があります。

そうなると手間や費用はかかるが、遺言書の有効性の保証がなく、ただ遺言書が存在しているという証明にしか使えません。

また、自筆証書遺言でしっかりと保存し、遺言書が存在することを証明できれば、秘密証書遺言をする必要性もほとんどありません。

このようなことから、秘密証書遺言をなされる方は少ないです。